作者小倉遊亀 サイズ(cm)50×50

1895年 滋賀県大津市生まれ

1913年 滋賀県立大津高等女学校(現・滋賀県立大津高等学校)入学。

1917年 奈良女子高等師範(現・奈良女子大学)卒業。女子高で国文学を教えるかたわら、1920年より安田靫彦に師事。

1926年「胡瓜」が院展に入選する。以後1998年に「椿三題」を出品するまで連続入選する。

1932年 女性として初めて日本美術院同人。

1938年 山岡鉄舟門下の小倉鉄樹と結婚。

1976年 日本芸術院会員

1978年 文化功労者に選ばれる。

1980年 上村松園についで女性画家として二人目の文化勲章を受章する。

1990年から1996年まで日本美術院理事長を務めた。

1999年 パリで個展を開催。

2000年 105歳、鎌倉で没

身近にあるものを題材にした人物画や静物画を描く。花瓶に花の構図は人気のモチーフである。精神性の高い作品が多い。

増上寺の天井絵に描かれた椿を版画にした作品です。天井絵らしく色鮮やかに描かれています。