作者川合 玉堂 サイズ(cm)29.8×42.7

川合玉堂先生の作品一覧はこちらから

明治6年(1873)~昭和32年(1957)

愛知に生まれ、岐阜(伊奈波)で幼少期を過ごし岐阜の商家の方たちの支援をうけて京都(円山・四条派)で画業を学び、それでも足らずその後、橋本雅邦に指導を受けました。

川合玉堂は日本の自然・美しい四季・生活をする人々・動物を情趣豊かで写実的に表現する独自の境地を開きました。

玉堂の作品に描かれた人物は働いている姿がほとんどであり人の営みが描かれています。又、風景の中に描かれた植物・生物は命の鼓動をも感じさせると云われています。

今回は代表作品である雪景水車や秋景・春景・花鳥画など15点余り展示致します。岐阜で育った玉堂の魅力を心ゆくまでご堪能ください。

 円窓 29.8×42.7

後藤画廊(ごとうかみてん)おうちギャラリー gokami