作者浜田昇児 サイズ(cm)10号

湖に緑景を得意として、幾重にも岩絵の具を重ね色鮮やかな緑色で描かれた水面と緑景の作品は人気があります。近年は奥入瀬渓流を描くなども手がけています。
今作は特に秀作品です。

浜田昇児
1927年 昭和 2年 京都に生まれ。
1945年 昭和 20年 京都市立美術専門学校(現・京都芸大)入学
1949年 昭和 24年 京都市立美術専門学校卒業
 1951年 昭和 26年 京都市立美術専門学校研究科修了(小野竹喬に師事)。
            日展初入選以後、連続入選。
 1965年 昭和 40年 日展特選・白寿賞受賞
1966年 昭和 41年 日春展日春賞受賞。
1970年 昭和 45年 日展特選受賞<決叡>以後日展出品依嘱
1974年 昭和 49年 日展審査員、京都・東京にて個展。
1980年 昭和 55年 京都・東京にて個展
 1984年 昭和 59年 京都府立文化芸術会館にて「浜田昇児展」開催(主催・
            京都府文化事業団)東京にて個展
1990年 平成  3年 日展評議員となる
1991年 平成  3年  京都・横浜・東京・大阪にて個展。
003年 平成  15 年髙島屋にて個展
現在日展評議員。