作者熊谷 守一 サイズ(cm)32.5×29.0

1880年(明治13年) 岐阜市の初代市長熊谷孫六郎の三男として生まれる

1900年(明治33年) 東京美術学校西洋画家選科入学 同級生に青木繁、  山下新太郎らがいる

1909年(明治43年) 第三回文展に「蝋燭」を出展。

1947年(昭和22年) 二紀会創立に参加。東郷青児、藤田嗣治らと交流がある。

1964年(昭和39年) パリで熊谷守一大個展が開かれ、好評を博す。

1967年(昭和42年) 文化勲章受章者に内定するも「これ以上人が来るようになっては困る」と辞退。

1972年 勲三等叙勲の内示があるが辞退。

1976年(昭和51年) 「アゲ羽蝶」が絶筆となる。

1977年(昭和52年) 死去。享年97歳