作者棟方 志功 サイズ(cm)18.7×24.8

 

棟方志功先生ならではの大胆な構図に志功のサインや鍛冶屋の印

そして菊の花が書かれ父母を敬愛する棟方志功の思いが溢れている。小品ながらエネルギーを感じさせる。

「わだばゴッホになる!」-画家になることを志し、

大正13年(1924)に21歳で上京した青森の青年は、戦後、

国際美術展で数々の賞を受け世界のムナカタとよばれました。

自らの版画を板画と称し、独自の世界を築きたその自由奔放に彫ら

れた作品や、倭絵と称した彩色の美しい肉筆画は21世紀をいきる

我々にも斬新に映ります。