作者棟方 志功 サイズ(cm)20.5×15.8

 

疎開先の富山のカッパ伝説を作品にした。雨の細い彫がより作品を引き立たたせている。

雨河童の柵 1956年(昭和31年)

「わだばゴッホになる!」-画家になることを志し、

大正13年(1924)に21歳で上京した青森の青年は、戦後、

国際美術展で数々の賞を受け世界のムナカタとよばれました。

自らの版画を板画と称し、独自の世界を築きたその自由奔放に彫られた作品や、

倭絵と称した彩色の美しい肉筆画は21世紀をいきる我々にも斬新に映ります。